ひっそりこっそりジャニヲタ生活

ひっそりこっそりジャニヲタ生活を送っている私の気ままなひとりごと

フィクション とは侮れぬものである

ドラマ SP と 視覚探偵日暮旅人 を連続して観た

2週間後に入試を控えている受験生としては1日を無駄にしてしまった気分ではあるが、どちらも、これから大人になっていう今見ておいて良かったと思える作品だったと心から思う。
どちらも心の底からハラハラドキドキさせられ、心を動かされた。

そして

・社会の汚さと、それに抗えぬ私達
・正義は正義よりも大きな力には勝てないのだという無力さ

そんなものを突きつけられた気がした

SPの主人公 井上馨
・自分が見た記憶を手繰り寄せそこから犯人を突き止める手がかりにする。(''見た''というより''視界に入った''全てという感じ)
・記憶だけでなく今自分がいる環境で、視覚、嗅覚、聴覚を駆使し危険を察知する。
という常人より優れた能力を持つ。

視覚探偵日暮旅人の主人公 日暮旅人は
・目に見えぬものが見える(幽霊などの類ではなく、言葉や感情が色や形となって見える)
・目薬をさすことで一時的にその能力を強化することが出来る
と、''視覚''に優れている。
※視覚以外の感覚もちゃんと機能しているが、感情がそれを拒んでいる

そしてこの2人に共通しているのは
幼い頃のトラウマによってその能力を手に入れた
ということだ。
それを心のどこかにしまい込んで強く生きている、今自分の前にいる誰かのために。

なのに社会は、世の中は、2人を受け入れようとはしない、腫れ物に触るように拒もうとする。
自分にとって都合の悪いことが明らかになるのを恐れて。自分の思うようにいかなくなるのを恐れて。

正義とはなんだろうか
正義、正義、と綺麗事ばかりならべたてても、何も変わっていないではないか。
正義は確かに存在していて、正義とは正しいものだ。
しかし正義は強いとはいえない、正義は正義より強い力の前ではなんの効力も持てないのである。
そして社会はそれを理解した上で、何も変わってこなかった。
それはなんとも悲しいことだ。

2人がもつ能力はその正義のために真実を写す鏡のようなものなのではないかと私は思う。

井上馨は両親を失った
日暮旅人は表面上視覚以外の感覚を失った

その代わりに、優れたなにかを手に入れた。

必要不可欠な何かが欠けている人は常人には考えられない優れた何かを持っていて、優れた何かを持っている人は必要不可欠な何かが欠けている

いわば、プラスマイナスゼロ

人がそれぞれ10持っていたとしたら、
失った1や2を優れた能力で補い10にしているのが井上馨と日暮旅人なのだ。

全員が共通して10持っているのに世間は人を平等には扱わない。
障がい者もお年寄りも小さな子供も、全員が全員同じだけ持っているのに。

以上が私が2つのドラマを鑑賞した感想です。

ただのドラマでここまで考えることになるとは思わなかった。
フィクションにここまで心揺さぶられるとは思わなかった。

フィクションは私たちにとって娯楽だけど、そこから得られる感情や、学ぶことは大きい



フィクションは、侮れない


※わかりにくい文章と足りない語彙力でごめんなさい

変わらない距離感

デビュー20周年を迎え21年目の今年さらなる躍進を続けるV6
彼らが披露するダンスや歌のパフォーマンスには他のアイドルにはないあたたかさがある。
それはなぜなのか私はずっと疑問に思っていました。

ここからは私の独断と偏見+自己中心解釈でお送りします。

6人は年齢もバラバラ、デビュー当時は
24歳の坂本と14歳の岡田、最高10歳という年齢の壁があった。
20代も半ばに差し掛かる世間一般からすれば「大人」である最年長の坂本が
岡田含めまだ10代の森田三宅、そして暴れん坊の井ノ原をまとめなければならないと思うのは当然だろう。
故に衝突がたくさんあったのも容易に想像がつく。
私が印象に残っているのは坂本×森田のエピソードである。後に森田が手紙に綴ったその出来事とそれからの思いはV6ファンなら誰もが胸をキュッと掴まれるような内容であることをここに誓おう。
※詳しく知りたい人は自分で調べてください

こうして様々な衝突を繰り返し、10周年を迎えた頃遅れてやってきた岡田の10年に及ぶ反抗期。
子供ながらに一生懸命お兄ちゃんたちの背中を追ってきた10代、息付く暇もなく、そして反抗期なんてものが訪れる暇もなかったのだろう。
そしてやってきた反抗期は10年目にしてV6という形がしっかりと形成され、心にゆとりができたことによるものなんだと私は思う。
こう考えると反抗期も可愛らしく見えるのだ。
反抗期だからといってアイドル岡田准一はパフォーマンスに手を抜く事はなかった。
当たり前のことだけど、これってとても素敵なことじゃないかな。
しっかりとお兄ちゃんたちの背中を見て来た上での反抗期、とでも言おうか。

どのグループもそうだけどV6は本当に個々の個性が強い。胸焼けがするくらい強い。
なのに6人が集まるとV6という1つの存在になってしまうことに私は感動すらおぼえた。
年上組のトニセン、年下組のカミセン、その年齢の壁に橋渡しをしてくれた井ノ原。
カミセンのとにかくヤンチャで多感な時期をトニセンはしっかりと見守ってきた。

メンバーが1人も欠けることなく、それぞれに対する思いや尊敬する心が多少変化はしたものの''6人でV6''という環境は何ら変わりないのだ。
大人になれば、社会に出れば、10歳なんて年の差は上司と部下のような関係と言ってしまえば終わりだが、10代から見た20代というものは実にお兄ちゃんのような存在であるといえるだろう。

20年前となにひとつ変わらない「6人」という環境が彼らの距離感すらも変えることを拒むのだ。
何度も衝突を繰り返したこと、そして20年という長い歳月が、誰からともなく「支えなくては」「寄り添わなければ」と義務的ではなく感情的に動かしているのだろう。

彼らが
アイドルを続けなければならない、ではなくて、
6人だからやっていきたい、と思っていてくれたなら私はとても嬉しい。

彼らがくれるあたたかさに私はこれからもときめきを頂戴しよう。

おたんじょうびおめでとう

今日は7月2日
私の担当V6三宅健の誕生日です。おめでとう。

Twitterでは文字数も足りずTLを荒らすのも申し訳ないのでひっそりこっそりとこちらで自担愛なるものを書き連ねて行こうと思います。

なぜ私が三宅担なのかと聞かれるとわかりません。
気づいたら三宅が好きでした。それだけです。
私は見た目チャラチャラしてて中身は誠実って感じの人がタイプなので正直どストライクなのは森田剛です。本来なら森田くんを好きになってるはずなのですが、なぜそうではないかと言われるとそれは、アイドルだからですよね。
同じクラスに剛健コンビがいるのならば(いない)迷わず私は森田くんを好きになっていたでしょう。
でも彼らは友達でも恋人でもなくアイドルなのです。
私は三宅健という1人のアイドルが大好きなんです。
おわかりいただけますか。

美容に厳しいところも美脚が好きなところも正直たまに引きます。私とは真逆だから。
毎週月曜深夜12時放送の三宅健のラヂオ(bayfm)
を聞く限り、とにかく毒を吐き、たまに甘やかし、毒を吐く。そんな彼を私はそこまで好きになれるタイプではありません。むしろとことん甘やかして欲しい...!
でも何故か好きなんです。ああ...この気持ちは何だろうか...。
好きになればとことん盲目な私なので毒を吐かれようと美容に厳しく言われようとなんのこっちゃありません。むしろ美容に関しての知識やダイエットのコツを教えていただいて感謝してます。彼のためなら頑張れると本気で信じています。と言っても根底にある「めんどくさがりな私」が邪魔をして一向に体型は変わっておりません。もっと頑張らねば。

とことんストイックな自担。
相棒()の森田剛ダンスに関してとても長けていますが三宅健も負けておりません。
いや、彼自身が負けたくないと思っているんだろうとたまに考えます。
Jr.の頃からいつも1緒だった2人、剛がいないならV6には入らないと言った三宅健
そこで森田剛ダンスの実力が群を抜くことに彼は納得するでしょうか。見るからに負けず嫌いだし、ずっと一緒にいる森田くんには負けたくないと思うはずです。※圧倒的自己中心解釈
と言ってもV6は本当にダンスも歌もアイドルとしてのスペックはかなり高いと思います。

痩せろだのスキンケアをしろだのといつも厳しく私達を導いて下さる三宅健くん()
はたから見たら「なんだあいつは、ファンにそんなこと」と思われるかもしれません。
しかしそれは間違いなのです!!世間の皆さん!誤解をされている皆さん!!
彼はどこまでもファン想いなアイドルなのです。
そうじゃなかったらただただ厳しく指摘されるなんて耐えられたもんじゃありません(豆腐メンタル)
私は彼を''アイドルのなかのアイドル''と称したい。
37歳になってなお、彼は変わらずキラキラしたアイドルでい続けている。そして、彼自身も楽しそうにアイドルをやっているのです。
やっている、という言い方はなんだか少し違う気もするのですが。彼は アイドル なんです。

そして、大勢の人が「三宅健は歳をとってない」と言います。いや、確かにとっているのです。確実に大人になっているし多少は老けました。当たり前です。
「見た目全然変わってない~!」それはありません。変わりました。だってたまにすごく老けて見えるんだもの。しかしながら垣間見えるおじさん味がとても可愛い(盲目)
ペットは飼い主に似るように、ファンはアイドルに似るんでしょうね、井ノ原くんの盛り癖がうつってますよ(disってるわけではない)

本当に三宅健というアイドルは素敵なんです。
人としてもアイドルとしても。
可愛らしい見た目のせいか、ファンではない人がV6を見て1番に可愛いかっこいいと言うのは他でもない彼で、ファンになる子も多いであろう彼なのですが、私はさして見た目はタイプではありません。
いや、可愛いしかっこいいんだけど、何度でもいいます、見た目は森田くんの方が好き。
ただ、歌を歌ってたりファンサをしてたり番組でお話してるのを見ると、好きだなあって目で追っちゃうのは健くんなんですよね。

でも、なんだかんだこのグループは、つい箱推ししたくなるおちゃめな6人組なので、みんな好きです。
大好き。

改めて三宅健くん37歳のお誕生日おめでとう。
滝沢歌舞伎に出演し、怪我もありましたが最後まで''show must go on''を貫いたあなたはとってもかっこよかったです。
これからも私たちのアイドルでいてください。

1人のV6ファンより愛をこめて.

担当の存在とは

前回に引き続き「担当」なるものについて書き連ねます。
更新が遅れて申し訳ありません...

担当であっても、大好きであっても欠点だったりだらしないなあと思ってしまう場面って少なからずあるじゃないですか。私はあります。
でもそれって許せてしまうんですよね。好きだからっていう単純な理由で。

私がV6意外に好きなSKY-HIというグループのblanketという曲に
''いいとこも悪いとこもひっくるめて愛せばすべて長所''
というフレーズがあります。
まさにこれなんです。
結局は長所に見えてしまうんです。

私の担当(前回の記事を参照)を例に出しますと、
彼は私から見ると美容の鬼(本当に鬼なんじゃないかと疑う)であり少しケッペキ気味なところがあるのですが、当の私はケッペキや綺麗好き、ましてや美容という言葉からも程遠い人間でありまして。
なので美容に関して厳しすぎなんじゃない?とかバッサリ言いすぎじゃない?とか理解し難いような部分は多々あるんですよね。
でも、好きなんですよね。
私から見ればそれは''欠点''であって''嫌いなところ''にはならないんです。

例えば今あなたに''気になっている''芸能人の方がいたとして、その人が不倫だなんだと騒がれたら

「ああ彼/彼女はこんな人なんだ」

とそこでおしまいになってしまいます。
でも、大好きな彼なら、彼らなら

「そんなこと信じない」

って好きであることを続けようとしたり、中には

「そんなことしても好き」

ってその人のすべてを受け入れようとしたりする。
そういうことなんです。

それなら担当意外のメンバーは欠点を見つけると好感度が下がってしまうの?と言われるとまたこれも違うんですが。
ほとんどの皆さんがグループ自体を愛してると思います。誰が担当だとしても根底にはall担という定義があるわけです。伝わるかなぁ~??

しかし、担当という存在はその人その人によって価値や意味が異なってくると思うんです。
ある人にとっては人生の道しるべに、ある人にとっては元気の源であったり、生きる糧になったりします。

担当があなたにとってどんな存在になるかはあなたが決めることなんですよ?

たくさんの輝きの中から1番星を見つけることが出来るといいですね。
きっと親友や恋人も、たくさんの人がいる中から見つけた1番星なんです。(こんなくさいことを言うつもりはなかった)

自担とは実に曖昧なものですね

こんにちは。はじめまして。ついに語彙力のないわたくしめがブログなるものを更新していこうと決心いたしました。

私は根っからのジャニーズヲタクで某勝利6人組のふあんをやっております。

初めての更新は「自担について」書こうと思います。
ちなみに私の担当はオレンジ色の太陽三宅健くんです。いやぁかわいいですよね、三宅健( ; ; )

それでは書いていきましょうか、、

私はV6ほど箱推しをオススメされるグループっていないと思うんですよね(贔屓目)
''○○よりのall担''ってV6ファンの方によく見かけますもんね。
その中から推し、いわば担当を厳選しているV6ファンの皆さんってすごいなあ愛が深いなあと感じます。
決して他Gのファンの方の愛が浅いというわけではありませんよ?
私も最近までall担だなんだと言っておりましたがそろそろ担当をハッキリさせようと決めたわけなのですが...

「担当」ってなんなんでしょうね、一体、
だってグループのメンバー全員が好きなのに1人に絞れなんて!!と思いません?思いますよね?(迫真)
そこで私は今までの自分を振り返ることにしました、

一つ目→今まで買ったメンバー個人個人が掲載された雑誌を数える。
まずここで三宅くんが掲載された雑誌が1番多くありました。

二つ目→録画番組を見返す。
圧倒的に三宅くんを目で追ってました。

三つ目→自分の持ち物を見る。
こちらも圧倒的にオレンジが多くありました。

あぁ...私は三宅担だ...!!
この時の私の満足感たるや計り知れたものではありません。

森田剛にデレ、岡田准一にデレ、井ノ原快彦が好きだと叫びながらも結局落ち着くのは三宅健という太陽のいる場所...なんとも感動的ですね...。
これが自担との出会いか...と感慨深くなります。

担当がハッキリしたからといって箱推しをやめるわけでもないのですが、ここで私が思うのは「担当」というものの価値なのです。
これまた長くなりそうなのでまた次回、、いや、きっと明日かな。

読んでくださってありがとうございました。
おやすみなさいませ。